エクセレンス イタリア南部【シチリア州・サルディーニャ州】

エクセレンス

本記事では、イタリア南部のうち「シチリア」「サルディーニャ」について、まとめていています。

以前は南部全体でまとめていたため、見づらい部分もあったかと思うので、いくつかの州に分けてまとめることにしました。

この記事では「シチリア」「サルディーニャ」両州の特徴、DOCG、DOCその他ポイントが分かるようになり、教本を読み返すことで理解、記憶が深まります。

島独特の栽培方法や特徴あるDOCがあるので、覚えるようにしましょう!

スポンサーリンク

イタリア南部各州のワイン

上記、「シチリア」「サルディーニャ2つの州について説明を進めていきます。

 

Sicilia

Sicilia_DOCG
DOCG名 タイプ ぶどう品種・特徴他
Cerasuolo di Vittoria 【赤】 ネロダーヴォラ、フラッパート。
アブルッツォ州のチェラスオーロはロゼだが、
この地方では赤ワインを意味する。クラシコあり

【特徴】

イタリア最大の州である。地理的に各種文明が入ってきた。

ヴィニフェラ系のブドウはシチリアを経由し、本土に広がっていった。

固有品種の宝庫で白ブドウはインツォリア、カッチカンテ、グリッロ、グレカニコ、カタラット、ミネッラなど黒ブドウはネーロ・ダーヴォラ、ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロ・カップッチョ、フラッパート、ペリコーネなど。

1990年代後半から高品質ワインを目指すワイナリーが増えてきてシチリアワインがおこった。島内は多様なテロワールにより、様々ワインが造られている。

【歴史】

ギリシャ人、フェニキア人、カルタゴ人が頻繁に往来していた。カルタゴの支配の後、ローマ帝国の一部となる。

当時穀物栽培が盛んで「ローマの穀物倉庫」と呼ばれていた。各国の支配を受け、最終的にイタリア王国の一部となった。

【文化・経済】

シチリア人は猜疑心が強く、外部への警戒心が強い。

農業は重要な産業で、特にパスタの硬質小麦が優れている。柑橘類、トマトなど非常に優れいている。マグロ業や漁業も盛んである。

【気候】

地中海性気候

【土壌】

真っ白な石灰土壌、鉄分を含む赤い土壌、火山性土壌など
東部:エトナ火山性土壌、ヴィットリア赤い粘土、砂、凝灰岩
西部:石灰土壌、粘土、砂

【主要ブドウ品種】

<白ブドウ>

Catarratto
 →アルコール度数が高く、フレッシュなワインを生む。
Annsonica(Inzolia)
 →フラワリーなアロマを持つ優美な白ワインを生む。
Grecanico
 →アロマティックだが、デリケートな味わいの白ワインとなる。
Zibibbo
 →アロマティック品種。パッシートが有名
Carricante →エトナの固有品種。酸が非常に強く、長期熟成に適している。

<黒ブドウ>

Nero d’Avola
 →赤い果実亜プラムのアロマを持つ、力強い赤ワインを生む
Nerello Mascarese
 →色は薄めで、酸とタンニンがしっかりしている。
Frappato
 →フラワリーなアロマを持つ、軽めの赤ワインとなる。

【地元料理】

分類 料 理
前菜 Arancino di Riso(大きなお米のコロッケ)
Insalata di Arance(オレンジにオリーブオイル、
塩、胡椒をかけたサラダ)
Caponata(トマト、ナスなどの野菜の
煮込み料理)
パスタ・スープ Pasta con Sarde(鱈、干しブドウ、松の実、
フェンネルであえたパスタ)
Pasta alla Norma(茄子とトマトのソースに
熟成させたリコッタサラータをかけたパスタ)
魚介料理 Cous Cous di Pesce(トラパに周辺で食べられる
魚介のソースをかけたクスクス)
肉料理 Farsumagru(仔牛肉にサルシッチャ、モルタデッラ、
ゆで卵、パンチェッタ、カチョカヴァッロ、
ペコリーノ、グリーンピースなどを詰めて巻き、
トマトソースで煮込んだ料理)
その他 Caanoli(筒状の揚げた生地にリコッタと
柑橘類の皮の砂糖漬けを添えたお菓子)
Cassata Siciliana(スポンジケーキにリコッタ、
アーモンドペースト、ドライフルーツを
重ねた非常に甘いケーキ)
チーズ Pecorino Siciliano(DOPチーズ、羊乳、非加熱圧搾)
Ragusano(DOPチーズ、牛乳、パスタフィラータ、四角柱形)

 

東部

【気候】

地中海性気候。標高が高いところはアルプス的気候

【土壌】

エトナは火山性土壌。

【主要ブドウ品種】

<白ブドウ>Carricante,Catarratto,Inzolia,Grillo

<黒ブドウ>Nerello Mascalese,Nerello Cappuccio,Nero d’Avola,Frappato

【主要DOCG】

【Cerasuolo di Vittoria】
力強いネーロダーボラ50-70%にフラワリーなフラッパーとがブレンドされる。

【主要DOC】

【Etona】
火山性土壌。フレッシュでミネラル豊富なエレガントなワイン。

白のガリカンテは非常に酸が強い。長期熟成するとリースリングのようになる。

ネレッロマスカレー、ネレッロカップッチェはタンニンがしっかりあり、色は濃くない。赤はみずみずしく繊細で長期熟成能力を持つワインである。

【Faro】
ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロカップッチェベース。エトナより優しい味わい。

【Eloro】
ネロダーボラの産地。シロッコが吹き荒れる乾燥したパキーノ周辺。凝縮した果実、フレッシュな酸、ほのかに塩味のある偉大なワイン。

【Moscato di Noto】
興味深い甘口ブドウ

西部

【気候】

地中海性気候

【土壌】

石灰土壌に粘土、砂が混じる

【主要ブドウ品種】

<白ブドウ>Catarratto,Grillo,Inzolia,Grecanico

<黒ブドウ>Nero d’Avola,Perricone

【主要DOC】

【Malvasia delle Lipari】
リパリ島。素晴らしい甘口ワイン。アプリコット、柑橘系、ハーブのアロマを持つ複雑なワイン。

【Alcamo】
カタラットの白ワインが有名。フレッシュでかすかな苦味と塩っぽさがあり、爽やかなワインで魚介類との相性が最高に良い。

【Marsala】
酒精強化ワイン。別途解説。

【Moscato di Pantelleria】
パンテッレリア島。火山性の真っ黒な島。高級バカンス地。
ジビッポの甘口ワイン。干したナツメヤシ、イチジク、柑橘系の香り。

Sardegna

サルデーニャ州DOCG
DOCG名 タイプ ぶどう品種・特徴他
Vermentino di Gallura 【白】 ヴェルメンティーノ。スペリオーレあり。
魚介類に適す。

【特徴】

シチリアに次ぐ2番目に大きな島。サルデーニャ人の性格は閉鎖的で「誇り高き孤立」を選んだ。

ワイン作りにも影響しており、近代化には比較的無関心であった。独自のワイン文化が継続されている。

【歴史】

ユニークな石造り建築ヌゲーラ遺跡を残した民族がすんでいた。いろんな国の支配を受けてきた。

1720年以降はサヴォイア家の所有となり、ピエモンテとともにサルディーニャ王国を形成し、イタリア共和国の自治州となった。

【文化・経済】

海岸部は開けているが、内陸部は閉鎖的な文化である。イタリア語のほか北部はコルシカ語、北西部はカタローニア語が話されている。

第二次大戦後、イタリア半島の生活レベルに近づいてきた。

今は農業、観光業が重要な産業である。コスタ・スメラルダは高級リゾート地として有名である。またコルクの産地としても知られている。

【気候】

海岸部:地中海性気候、内陸部:大陸性気候

【土壌】

オルピアーテンヒン県:花崗岩土壌、石灰土壌
オリスターノ:石灰土壌
カリアリ:石灰土壌

【主要ブドウ品種】

<白ブドウ>

Vermentino
 →繊細で黄桃のアロマを持ち、後味に苦みを感じる。
Vernaccia di Oristano
 →オリスターノで栽培されるヴェルナッチャ
Nasco
 →麝香を感じさせるアロマを持つ。甘口ワインになることが多い。

<黒ブドウ>

Cannonau
 →果実味や豊かで、かすかにスパイシーな赤ワインを生む。
Carignano
 →カリニャンと同じ。
Giro
 →フルーティーでタンニンのしっかりした赤ワインとなる。
Monica
 →サッサリ県で栽培されている。

【地元料理】

分類 料 理
パスタ・スープ Malloreddus(トマト、サルシッチャ、ペコリーノの
濃厚なソースであえたセモリナ粉のニョッキ)
Su Farru(小麦とチーズのスープ)
魚介料理 Arragosta Arrosta(伊勢海老のロースト)
Arragosta alla Griglia(伊勢海老の炭火焼)
肉料理 Porceddu(子豚の丸焼き)
その他 Pane Carasau/Carta da Musica
(楽譜と呼ばれる非常に薄い紙のようなパン)
チーズ Fiore Sardo(DOPチーズ、羊乳、非加熱圧搾)
Pecorino Sardo(DOPチーズ、羊乳、半加熱圧搾)
Pecorino Romano(DOPチーズ、羊乳、加熱圧搾、
現在生産の中心はサルデーニャ島)

 

オルビアーテンピオ/サッサリ県

【気候】

地中海性気候/暑い

【土壌】

ガッルーラ地方は花崗岩土壌/その他石灰土壌

【主要ブドウ品種】

<白ブドウ>Vermentino

<黒ブドウ>Cannnonau

【主要DOCG】

【Vermentino di Gallura】
島の北東部、ガッルーラ地方。花崗岩土壌によりしっかりとしたアルコール度数、深みのある味わい、塩っぽさがあるワインが作られる。

【主要DOC】

【Moscato di Sorso-Sennori】
サッカリ周辺。香り高く濃厚な甘口ワイン

オリスターノ県

【気候】

地中海性気候/暑い

【土壌】

石灰土壌

【主要ブドウ品種】

<白ブドウ>Vermentino,Malvasia,Vernaccia di Oristano

<黒ブドウ>Cannnonau

【主要DOP/DOCG】

<Malvasia di Bosa>
瞑想ワイン。極上のシェリーのような優美さを持つ。酸化、熟成したワインでヘーゼルナッツ、グリーンオリーブ、ハーブのアロマを持つ。映画「モンドヴィーノ」で取り上げられ、有名になる。

<Vernaccia di Oristano>
シェリーに似て、フロールを発生させ、緩やかに酸化熟成するワイン。

【主要DOC】

【Malvasia di Bosa】

カリアリ県

【気候】

地中海性気候/暑い

【土壌】

石灰土壌

【主要ブドウ品種】

<白ブドウ>Vermentino

<黒ブドウ>Carignano,Cannnonau

【主要DOC】

【Carignano del Sulcis】
堅固かつみずみすしい赤ワインが作られている。

 

 

(以上)


 

※参考文献
【2019/2020 日本ソムリエ協会教本】(日本ソムリエ協会)

 
記事が役に立ったと思われたら、ポチッとしていただくと幸せです。

ワインランキング
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!