ポルトガル

ポルトガルのワイン

ポルトガルといえば、ポートワインが真っ先に頭に浮かびますが、実際にはポルトガルのスティルワインに巡り合うことが少ないかもしれません。業界向けの試飲会にお邪魔したとき、いろんなタイプのワインを試飲しましたが、ブースの面積比で見ると、ヴィーニョベルデ押しでしたね。試験対策的には、そんなに範囲が広くなく、基本事項を押さえて、過去問練習で難なくクリアできると思います。
スペイン

スペインのワイン

私のスペインワインは、コスパが良くデイリー向き。少し高級品になると、樽香をガンガン効かせた濃厚赤ワインなどの印象を持っています。試飲会に行った際、スペインワインの高額クラスを飲み続けたら、ほぼ間違いなく濃厚でしっかり樽塾というものが大半でした。
フランス

フランス <南西地方のワイン>

ボルドーに隣接する南西地方。いくつかの特徴あるワイン産地をひとくくりにしまった感じです。あまりなじみが少ないエリアだと思いますが、このエリアからもよく出題されているので、要チェックです。
フランス

フランス  <プロヴァンスのワイン>

地中海の代表的な観光地であるプロヴァンスですが、このエリアは特にロゼワインが有名です。 最近は世界的にロゼワインの消費量がグングン伸びて生きている状況の中、今後さらに注目を浴びやすいエリアかもしれません。
フランス

フランス <ジュラ・サヴォアのワイン>

フランスの山岳地帯のワインとしては、アルザスは有名ですが、普段はなかなかジュラ・サヴォアのワインを飲む機会が少ないのではないでしょうか?特殊なワインとしてヴァン・ド・パイユやヴァン・ジョーヌが有名な産地です。
フランス

フランス <ブルゴーニュ/シャブリ・ボージョレ他のワイン>

コートドール以外にもシャブリや、ボジョレなど有名な産地がブルゴーニュにはあります。 その他のシャロネーズ、マコネというワイン産地もあり、過去出題されていますので、基本的なところは押さえておきたいところです。
フランス

フランス <アルザスのワイン>

ドイツ国境に近いアルザスは、ドイツワインの影響を受けるエリアです。山岳地帯なので冷涼なエリアですが、日照量はしっかりあるので、ライトなものからしっかりした味わいのワインまで幅広くあります。メインは白ワインの産地で「リースリング」「ゲヴェルツトラミネール」「ピノグリ」「ミュスカ」を中心としたワインとなり、赤ワインはピノノワールが主体となります。
フランス

フランス <シャンパーニュ>

シャンパーニュはスパークリングワインの代名詞的な生産地です。 醸造方法やグランクリュの村名を覚えなければなりませんが、何かと飲みの席でも使える知識を多く修得することができます。
イタリア

イタリア <南部(島)地方>

イタリア南部エリアは、世界的に凄く有名な産地はありません。 地ブドウを使った特徴的なワインが多く、暖かいエリアのワインでしっかりしたものが多く、またコストパフォーマンスにも優れていて、個人的にも好きなワインがたくさんあります。 DOCG...
イタリア

イタリア・中部地方のワイン

イタリア中部エリアは、キャンティやサッシカイアで有名なトスカーナ州があります。 トスカーナは料理とのマリアージュを問われることもあるので、確認が必要です。
error: Content is protected !!